晩秋の園内でお散歩しよう

2020/11/21

さわやかな青空が広がり、今日は暖かな一日となりました。
秋も一層深まり、園内の木々は色づいたり、葉を舞わせたりと、冬に向けた準備が始まっています

今日は、ひたち海浜公園内で晩秋の趣を感じられる、お散歩におすすめのスポットをご紹介します

 

樹林エリアの「ひたちなか自然の森」では、コナラなどの落葉樹が黄色く色づいています。

すでに葉の落ちた木も多く、園路に沿って落ち葉の絨毯が続いています。

 

立ち止まって耳を澄ますと、風が梢を渡る音や、野鳥のさえずりが聞こえてきます。

上を見上げると、青い空に色づいた葉が映えて、とてもきれいですね

 

園路を進んでいくと、色や形が様々な葉っぱ達に出会えます。

小判のような丸い葉が可愛らしいマルバハギ

 

黄緑から黄色へのグラデーションが美しいイヌザンショウ

 

 

落ち葉を踏みしめながら、のんびり気ままにお散歩を楽しめそうです。

 

プレジャーガーデンと泉の広場をつなぐ「メタセコイアの並木道」では、メタセコイアが色づき始めています

陽の光に透ける様子が美しいですね。

これから徐々に色づきが進み、並木道がレンガ色に染まっていきます。

 

その他にも園内には秋を感じるスポットがたくさん

「みはらしの丘」裏側

 

「記念の森散策路」

 

「西池」周辺

 

西日に輝く木の葉もまた美しいですね。

植物たちの冬支度は徐々に進んでいきますが、園内をゆっくりお散歩しながら、この季節ならではの風景をぜひお楽しみくださいね