スタッフブログ

    松ぼっくりを拾って絶滅危惧種を救うってどういうこと??

    2019/11/10

    雲ひとつない青空!

    絶好のお出かけ日和に、秋の「ひたちなか自然の森」を散策し、松ぼっくりを採取する「みんなで学んで守ろう自然観察隊~松ぼっくりさがし~」を開催しました。

    このイベントが、絶滅危惧種を救う活動につながるということだけど、果たしてその真相は??

     

     

    まずは、西口広場休憩所にて、「松ぼっくり」や「どんぐり」など、木の実についてのお勉強。

    松ぼっくりは、実は松の果実で、中に翼がついた種が隠れていています。

    今回は、松ぼっくりの中の種を探しにいきます。

    翼のついた種が風で飛んでいきます

     

    お話を聞いたことをシートにメモ

     

    どんぐりについてもお勉強しました

     

    そしていよいよ、「ひたちなか自然の森」へ松ぼっくりを探しに出発!

     

    ひたちなか自然の森では、「松枯れ」によってアカマツが枯れて少なくなってしまいました。

    森の再生には、長い時間がかかります。

    枯れたアカマツを片付けた後に生えてきたアカマツが何歳か、節の数を数えて調べてみました。

    調べてみると6歳でした

     

    今回は特別、ノコギリで切って年輪を数えてみると・・・。

    やっぱり6歳!

     

    となりの大きな木は16歳くらい

     

    そして、いよいよ本題の松ぼっくり探し。

    いっぱい落ちているけれど、肝心の種が入っていません・・・。

    松ぼっくりは、風に乗せて種を飛ばすタイプ。

    高いところから飛ばしたほうが遠くまで飛ぶので、枝についているうちに種を飛ばすんです。

    特別に、松の枝から松ぼっくりをとってみました

     

    トゲトゲの中に種発見!

    アカマツの種、ゲットしました!

     

    松ぼっくりを探していると、偶然、小さな植物を見つけました。

    これが今回の目的の一つ、絶滅危惧種「オオウメガサソウ」です。

     

    神秘的な佇まいとうつむきがちに咲く様子から“森の妖精”とも呼ばれるオオウメガサソウ。

    環境省レッドデータブックで準絶滅危惧に指定されている希少な植物で、本公園が日本の自生南限地とされています。

    アカマツの林に育つオオウメガサソウにとって、松枯れでアカマツがなくなってしまうのは一大事。

    公園では、オオウメガサソウが生育できる環境を守るために、今回のイベントのように松ぼっくりから種を集めて、アカマツの苗木を育てています。

    育てた苗木の植栽は、また次の機会に。そよかぜ通信や、ホームページをチェックしてみてください。

     

    6月頃に咲く「オオウメガサソウ」

     

    秋のひたちなか自然の森には、松ぼっくりの他にも不思議が一杯。

    いろんな色や形の葉っぱ、いがぐり、どんぐり、などなど。

    リスが松ぼっくりを食べた痕を見つけたよ

     

    新しい発見がたくさんあって楽しかったよ

     

    「みんなで学んで守ろう自然観察隊」は、季節毎に様々なテーマを設定し年間を通して開催しています。

    みなさまのご参加、お待ちしております。

     

     

    「茨城バラまつり」あす最終日

    2019/11/3

     

    「茨城バラまつり」もまもなくフィナーレ。
    本日は、秋バラの咲く常陸ローズガーデンにて「常陸ローズガーデンガイドツアー バラキッズ「香り」あるある体験隊」を開催しました。

     

     

    元気な“バラキッズ”たちが大集合!

    このガイドツアーでは、バラの名前が虫食いになったクロスワードの問題をみんなで一緒に解いていきます

    バラを管理している公園スタッフと一緒にローズガーデンをめぐりながら、バラの名前を探し、それぞれのバラの特徴を感じていきます。

     

    「花びらがとがっているね!」

     

    「石鹸みたいな香り!」

     

    「バラ」と一言で言っても、お花の色合いや形、大きさ、香りは様々。

    バラの魅力を体験しながら、手元のクロスワードに答えを書き込んでいきます

     

     

    最後はドキドキの答え合わせ…

    バラキッズのみんな、全問正解でした

    見事クロスワードを完成させたみんなには、オリジナル缶バッチがプレゼントされました

     

    ビロード色の花弁が美しい‘ラバグルート’

     

    「茨城バラまつり」は明日までとなりますが、常陸ローズガーデンでは、‘ラバグルート’など見頃を迎えている品種を引き続きお楽しみいただけます。

    秋の国営ひたち海浜公園に、ぜひ遊びに来てくださいね

    ひたちなかフェスタ2019開催!

    2019/10/20

    連日雨の日が続いておりましたが、今日は日中お日様も顔を出し、過ごしやすい一日でした

    さて、本日は「きて みて さわって コキアカーニバル」の最終日を飾るイベントの1つ「ひたちなかフェスタ2019」を開催

    ひたちなか地区のPRコーナーや見学バスツアー、地元特産品の販売や各種体験コーナーなど、

    近隣地域の魅力を見て触れて、味わって体験いただくブースが出展いたしました。

     ひたちなか地区の歴史や歩みをクイズ形式で知ることのできるコーナーや

    東海村観光協会のゆるキャラ「いもゾー」のオリジナルグッズの購入できるブースなど

    地元の魅力いっぱいのブースが盛りだくさん

    茨城県を代表する特産品「ほしいも」の試食販売ブースでは、皆さん味を楽しんで購入されておりましたよ

    近隣地域の魅力がいっぱいの会場は、多くのお客様で賑わいました

     

    「きて みて さわって コキアカーニバル」は本日で終了となりますが、コキアの紅葉見頃は26日(土)までを予想しております!

    ぜひ、丘一面赤く染まったコキアとともに、秋の公園をお楽しみください

     

     

    パークパートナーの文化祭「ボランティアまつり」

    2019/10/6

    当公園をフィールドに自然・文化などの分野で活動するボランティア「パークパートナー」。

    秋の「ボランティアまつり」は、日ごろのパートナー活動の成果を発表する日です。

    和やかな雰囲気の中、各団体の特徴を活かした様々な体験をお楽しみいただきました。

     

    メイン会場は、みはらしの里。

    小雨が降るあいにくの空模様となってしまいましたが、多くのお客様にお集まりいただきました。

     

    所狭しと並んだテントには、様々な分野で活動するパートナーの皆さんの楽しいお話と、魅力的な体験がいっぱい!

     

    ハーブガーデン(香りの谷)の手入れや素材を利用した活動を行う『ハーブパートナー』の皆さんによる、ハーブクラフトや、ハーブティークイズ。

    ハーブクラフト(アレンジボール)

     

    ハーブティークイズ

     

    園内に自生するハナハタザオなど希少な植物の保護育成を行う『野生植物パートナー』の皆さんによる「楽しいどんぐり工作」。

    どんぐり工作

     

    オオウメガサソウなどの希少な植物が生育する里山林の保全を行う『里山パートナー』の皆さんによる「丸太を切って重さを当てよう!」。

    ノコギリを使って丸太切り

     

    旬の見所など園内のガイドを行う『パークアテンダントガイドボランティア』の皆さんによる「海浜公園おもしろクイズ!」。

    海浜公園にまつわるクイズに挑戦

     

    記念の森散策路の手入れを行う「記念の森パートナーズ」の皆さんによる「押し葉で遊ぼう!」。

    ボタニカルアートしおり

     

    スイセンの開花時期にスイセンガーデンのガイドを行う『スイセンガイド』の皆さんによる「スイセンクイズ」。

    スイセンに関するクイズに挑戦

     

    園内の花や風景、イベントなどの写真を撮影する『フォトパートナー』の皆さんによる「フォトレッスン」。

    撮影の構図やテクニックなどをレッスン

     

    古民家の案内や火焚きなどの管理を行う『みはらしの里パートナー』の皆さんによる「ススキのフクロウづくり」や、「紙芝居」、「丸皿でブローチづくり」。

    ススキのフクロウづくり

     

    グループ活動『みんわの会』の紙芝居

     

    グループ活動『染めと織りの会』の丸皿でブローチづくり

     

    当日、BMXスクール開催中の『BMXパートナー』の皆さんはパネルで紹介。

     

    別会場でもイベントが。

    沢田湧水地では、『沢田湧水地パートナー』の皆さんによる、「沢田湧水特別ガイドツアー」。

    普段は入れない沢田湧水地中流部まで観察

     

    グリーン工房では、バラ園の手入れを行う『ローズパートナー』の皆さんによる「ハマナスのジャム作り」が行われました。

    公園のハマナスの実を使います

     

    自然や文化、ひたち海浜公園の魅力をギュギュッと凝縮した「ボランティアまつり」。

    ご参加いただいたお客様も、パークパートナーも一日たっぷり楽しみました。

    パークパートナーは随時募集中です。詳しくは、こちらをご確認ください。

     

     

    「稲刈りとおだ掛け体験」を開催しました!

    2019/9/28

     

    園内の景色も次第に秋めいてきました

    秋晴れの本日は沢田湧水地とみはらしの里にて「<茨城農文化体験>稲刈りとおだ掛け体験」を開催し、親子連れなど多くの皆様にご参加いただきました。

     

     

    沢田湧水ネイチャーハウスに集合し、いざ水田へ!

    水田は、普段は入ることが出来ない沢田湧水地の奥のエリアにあり、木道を一列になって大移動。

    木道脇には「アケボノソウ」など沢田湧水地の秋を飾る可憐な花も見られました

     

     

     

    黄金色の稲が揺れる水田に到着!

    実はこの稲、今年5月に行った「田植え体験」で植えたもの。

    前回のイベントから引き続きご参加くださった方もいらっしゃいました

    茨城生物の会 副会長の桐原さんと、公園ボランティア“砂丘美化パートナー” 代表の浅井さんのご挨拶の後、稲の刈り方についての説明があり、いざ稲刈りスタート

     

     

    昔ながらの「鎌」を使うので、手元に気をつけながら慎重に…

    稲のやや上のほうを掴みながら、鎌を根元に当てて刈っていきます。

     

     

    少しずつ鎌の使い方にも慣れてきて、どんどん水田の奥のほうへ。

    土がぬかるんでいるので、自分が刈り取った株の上に足を置くのがポイントだそう

     

     

    刈り取った稲は、10株くらいずつ束ねて、稲わらの紐で結んでいきます。

     

    この水田では生物が生きる環境を守るために無農薬・無肥料で稲を育てており、稲刈りの最中にもトンボやイナゴ、カナヘビをはじめ多くの生き物たちが姿を現しました

    興味津々の子どもたちは、俊敏に動く生き物を見事にキャッチ!

     

    ネズミがいたよ

     

    中でもこの“カヤネズミ”は水田などに生息する小型のネズミで、なかなか出会えない生き物だそう!

    貴重な体験になりましたね

     

     

    刈り取った稲をみはらしの丘の古民家前にて、昔ながらの伝統的な農法「おだ掛け」で天日干しします。

    どこかなつかしい、昔ながらの農村風景が完成しました。

     

    収穫の喜びを体感し、参加者の皆様は清々しい表情

     

    おだ掛けした稲はこのまま干し続け、10/20(日)の「お米の脱穀体験」にて、足踏み脱穀機を使って脱穀します。

    本日体験された方はもちろん、初めての方も、当日受付でお気軽にご参加いただけます。

     

     

    そのほかにも「きて、みて、さわって コキアカーニバル」では“秋”を感じるイベントが満載

    秋の国営ひたち海浜公園に、ぜひお越しくださいね