スタッフブログ

    「どんど焼き」を行いました

    2020/1/15

    小正月の年中行事「どんど焼き」。

    茨城県内では、「ワーホイ」「鳥追い」とも呼ばれ、正月飾りなどを燃やし無病息災、五穀豊穣、家内安全を祈る行事として日本全国に同様の祭りが伝わっています。

    当公園では、関東地方平野部の農村風景の再現を目的に、公園ボランティア「みはらしの里パートナー」の皆さんの協力のもと、来園者のみなさまにご参加いただいて1月13日(月・祝)に実施しました。

     

     

    会場は、3棟の古民家を中心に昔の暮らしを今に伝える「みはらしの里」。

    場所の確保などの問題で、行われる地域も少なくなりつつあるどんど焼きですが、公園のどんど焼きでは、ご家庭のお正月飾りもお持ちいただき、あわせて焚き上げています。

    続々と集まってきました

     

    不燃物は取り外します

     

     

    まもなく、開始時刻。

    とても天気が良かったので、多くのみなさんにご参加いただきました。

     

    そして、いよいよ火をつけます。

    点火!

     

    煙が出てきて

     

    炎が上がりました!

     

    燃え始めるとあっという間。

    時折聞こえる、竹がはぜる音にびっくり。

     

    最後は、同日に開催していた「まゆ玉飾りづくり」に参加してくれた子どもたちが、竹ざおの先につけたお餅を焼いて楽しみました。

     

    日本の年中行事「どんど焼き」の風景、これからも残していきたいですね。

    お集まりいただいたみなさま、ありがとうございました。

    今年一年、健康でありますように。

     

     

    お正月イベントを開催しました

    2020/1/5

    あけましておめでとうございます

    本年は1月2日より開園いたしました

    一年の抱負等を書く書初め体験や、和太鼓ユニットによる演奏、水戸市大串町に伝わる民俗芸能など、お正月の雰囲気をお楽しみいただけるイベントを多数開催

     

    2020年の抱負や言葉を書く「書初めをしよう」

     

    和太鼓による演奏が楽しめる「新春招福太鼓」

     

    水戸市大串町に伝わる民俗芸能「大串のささらばやし」

     

    環境にやさしいエコな凧をつくることができる「エコ凧づくり」

     

    どのイベントも、多くのお客様が足を運んでくださり、大変賑わっておりました

    公園でお正月を満喫できましたでしょうか

     

    1月7日には古民家にて「七草がゆ」の試食もありますので、まだまだお正月気分を味わいにぜひ公園にお越しくださいね

    本年もひたち海浜公園をよろしくお願いいたします

     

     

    アイスチューリップを訪ねてグラスハウスへ

    2019/12/29

    砂丘エリアの「グラスハウス」前の池で、アイスチューリップが「3分咲き」となりました。

    今年度は、14品種、約15千本をお楽しみいただけます。

    そんなアイスチューリップまでの、最短経路をご案内いたします。

     

    アイスチューリップまで、最も近いのが「海浜口駐車場」です。

    「海浜口・風のゲート」から、グラスハウスまでは約450m、徒歩6分です。

     

    入園したら、そのまま直進。

    ポイントにアイスチューリップと書かれたの案内看板があるので安心です。

     

    海浜口サイクルセンターを右手に直進します。

     

    砂丘観察園路方面へは向かわずに、横断歩道でサイクリングコースを横断します。

     

    サイクリングコースを渡ったら、道なりに左へ。

     

    グラスハウスへの案内表示が見えたら、左に曲がります。

     

    そのまま進むと、ガラス張りの建物が見えてきました!

     

    お目当てのアイスチューリップは、グラスハウス前の池の中に。

     

    アイスチューリップとは、球根を特殊な方法で冷蔵処理し冬を疑似体験させることで、開花時期を調整したチューリップです。

    気温が低い冬ほど花持ちが良く、開花期間が長くなります。

     

    グラスハウスの室内からは、太平洋を背景に、まるで水上に浮かんでいるように見えます。

     

    陽の向きによっては、水面がキラキラと輝いて、まるで宝石のよう!

     

    現在、開催中の「パシフィックアートフラワー展」とも相性抜群。

    窓の外のアイスチューリップと華やかなアートフラワーの共演に、一足早い春を感じられます。

     

    冬ならではの花風景の中で、ティータイムや写真撮影などを楽しみながら、ゆっくりお過ごしください。

     

     

    もっと楽しむ!パシフィックアートフラワー展

    2019/12/21

    園内はすっかり冬模様となってまいりましたが、皆さま、冬支度はもうお済みでしょうか?

    現在ひたち海浜公園では、造花による空間演出プロジェクト「パシフィックアートフラワー展」を開催中です!

    会場の「グラスハウス」では、花が少なくなる冬の時期にも、花のあるあたたかな風景をお楽しみいただけますよ

     

    アートフラワー(=造花)に彩られた会場内は、もちろん写真撮影もOK

    今回は、アートフラワーによる5つの空間演出を中心に、会場内での過ごし方や撮影のポイントをご紹介!

     

    Flower Fall

    ①Flower Fall

    1F入り口から会場に入ると、天井からリズミカルにつるされたフラワーボールがお出迎え。

    2Fのカフェスペースから眺めると、まるで冬空と太平洋を背景に浮かんでいるような、不思議な写真を撮影できますよ

     

    Door to Pacific

    ②Door to Pacific

    透かしの入ったドアが、窓の外に広がる太平洋の彼方へと誘います。

    天気や時間によって移り変わる景色を背景に、印象的な写真が撮れそうです

     

    The Little Garden

    ③The Little Garden

    バラが咲くフラワーアーチに囲まれたベンチに座って記念撮影

    フラワーボールは手に取ってお使いいただけますよ

     

    Flower Ball

    ④Flower Ball

    ガラス越しの冬空と相まって、空に浮遊するようなフラワーボールを背景に、花に囲まれた一枚を。

    白いフラワーブーケは、写真のアクセントにぴったり

     

    Cafe Garden

    ⑤Cafe Garden

    今回新たに加わった屋内ガーデン。

    あちらこちらに設置されたミニ花壇には、ネモフィラやスイセンなど、本公園を代表する春のお花の姿が

    テーブル・チェアや緑のベンチは休憩にもご利用いただけますよ

     

    ネモフィラブーケ

    テーブルの上のネモフィラブーケも、ぜひ手に取って

     

    ガゼボ

    ガーデン中央の“ガゼボ”は裏側に回り込むことができるので、ご家族やお友達同士で花壇を囲んで、春の庭先のような1枚を撮影できますよ

     

    ところで、この“ミニ花壇”をよく見てみると…

    ナルキッソス

    小さなお池に見立てた鏡を、覗き込むように咲くスイセンの姿が!

    スイセン(Narcissus)の語源になったとも言われる、美少年ナルキッソスが泉に映った自分の姿に恋をして、そのまま水辺に生えるスイセンになってしまったという、ギリシャ神話のエピソードを思わせます。

    スイセンの周りにそっと咲くネモフィラやムスカリなど、とってもリアルな造花にも注目です

     

    石は戻してくださいね

    「Cafe Garden」では、白い庭石を使って演出を行っています。

    こちらはネモフィラのお花の形ですね

    庭石は動きやすいので、もしもずれてしまったら、そっと戻してくださいね

     

    ティータイム

    ティータイム2

    グラスハウスでは、併設の「Sea Side Cafe」にて、カフェメニューや軽食の販売も行っています

    こちらは期間限定の「工芸茶[ジャスミン茶](左)」と、本公園おなじみの「ネモフィラブルーティー(右)」。

    工芸茶は、お湯を注ぐと茶葉に包まれたお花が開く華やかなお茶で、花のあふれる会場内の雰囲気にもぴったり

     

    ホットドリンク

    窓の外の太平洋にも映えます

    このほかにも「Sea Side Cafe」では、冬限定のホットドリンクやあったかスープを販売中ですよ

    くわしくはこちら

     

    アイスチューリップ

    グラスハウス前の池では、17日(火)よりアイスチューリップの展示が始まりました

    まだつぼみが多く、咲き始めは来週半ば頃と予想しています。

    グラスハウスを訪れた際には、“冬のチューリップ”もあわせてお楽しみくださいね

     

    パシフィックアートフラワー展

    「パシフィックアートフラワー展」は1/26(日)まで開催しております!

    期間中は週末を中心に、花にちなんだクラフト体験やミニコンサートも行っていますよ

    ご家族やご友人同士、カップルで、ぜひとも遊びに来てくださいね

     

     

     

    パシフィックアートフラワー展が始まりました!

    2019/12/14

    今日は晴れて、ぽかぽか過ごしやすい一日となりました

    本日より、陽の光が差し込むグラスハウスを会場に、造花による空間演出プロジェクト「パシフィックアートフラワー展」を開催

    可愛らしいアートフラワーたちが、空間を華やかに彩っております

    会場に入ると、頭上に飾られた丸いぽんぽんとしたフラワーボール「Flower Fall」がお出迎え

    窓側には太平洋へと続くドア「Door to Pacific」や

    浮遊するフラワーボールに囲まれて写真が撮れる「Flower Ball」

    ベンチに座って写真撮影のできる「The Little Garden」など、撮影スポットがたくさん

     

    また、今年新たに、アートフラワーで造る屋内ガーデン「Cafe Garden」が2階カフェスペース奥に登場

    当公園を代表する花であるスイセン・ネモフィラなどの花々が、春を先取りした非日常の空間を演出。

    水面に見立てた鏡に映りこむスイセンや、ネモフィラの花の形のように並べられた庭石の演出など、

    ディティールまで楽しむことができ、写真撮影にもおすすめです

    鏡に映るスイセンを撮影してみました

     

    ガーデン内に置かれたテーブルやチェアも、休憩にご利用いただけます。

    ネモフィラのブーケは、手に持って撮影するのも素敵ですね

     

    また、本日は茨城キリスト教学園高等学校ハンドベル部による「クリスマスコンサート」を開催

    太平洋を背景に、クリスマスにぴったりなハンドベルのやさしい音色が会場いっぱいに広がりました。

    カメラ片手に撮影されたり、素敵な音色に聞き入いるお客様の姿が見られました

     

    パシフィックアートフラワー展は、来年1月26日(日)まで開催

    期間中は、週末を中心にクラフト体験やミニコンサートなど花にまつわるイベントを実施します。

    併設の「Sea Side Cafe」では、お湯を注ぐと茶葉に包まれたお花が開く「工芸茶」や、体があたたまるスープなどの期間限定メニューが登場

     

    花のあふれる会場内でゆったりとお過ごしください