スタッフブログ

    オオウメガサソウに会いに行こう!

    2019/6/8

    6月に入り雨が降ったり止んだりとどんよりした天気が続いておりますが、
    公園では希少な植物を見ることのできる時期となりました

    本日は、ひたちなか自然の森で「オオウメガサソウ」のガイドツアーに参加してまいりました。
    なんと!普段は入ることができない保護区域に行くことができるんです


    早速、皆で周る場所を確認して出発
    どんな植物に出会えるかな?


    散策中は公園のボランティアである里山パートナーさんが、ひとつひとつ丁寧に植物について説明してくださいました

    足元にも大切な植物が…
    例えば「ホソバオキナゴケ」。
    環境の良いところでしか見られないそうで、とても貴重なんだそうです
    初めて知りました


    歩いていくと、途中でオオウメガサソウに似た「ウメガサソウ」を発見

    高さが5~10cmととっても小さいので、見落としてしまいそう。


    さらに奥に進んでいくと
    オオウメガサソウの

    登場です 

    神秘的な佇まいとうつむきがちに咲く様子から森の妖精とも呼ばれ、高さはなんと1015cm
    実は小さな植物なんです

    オオウメガサソウは、マツの根共生菌と共生しているため、マツの存在が無くては生きることができません。
    そのため、里山パートナーさんたちが今ある環境を守るべく、森の管理作業や生育地の調査などを行っています

     

    環境省レッドデータブックで準絶滅危惧種に指定されている希少な植物で、国内では1道3県でしか見ることのできない「オオウメガサソウ」。

    これからも大切にしていきたいですね


    今しか見ることのできないこの花に会いに、ぜひ公園に足を運んでみてください。
    皆様のご来園をお待ちしております

     

     

    「茨城バラまつり」明日最終日です

    2019/6/1

    常陸ローズガーデン・中央芝生広場で開催中の「茨城バラまつり」も、残すところあと1日。

    バラが見頃を迎える中、本日は2つのイベントを行いました。

     

     

     

    プリザーブドフラワー~バラの和風アレンジメント~

     

     

    プリザーブドフラワーを使って、バラのアレンジメントづくりに挑戦!

    先生からつくり方の説明を受けて、アレンジメントスタート

     

     

    まず、手元の材料を使って、必要になるパーツをつくります。

    サハラ(アレンジの土台)にお花を固定できるよう、それぞれの素材にワイヤーを取り付けていきます。

     

     

    ワイヤーとテープを使った、バラの茎づくりがなかなか難しいですね

     

    材料が完成!

     

     

    次に、ミツマタの枝を3本挿して、サハラの上にミズゴケを重ねていきます。

    作品のアクセントになるミツマタの枝は、傾けて挿すのがポイント

    作り手のセンスが光ります

     

    はじめにつくったパーツも飾りつけて・・・

     

    ついに完成!

     

     

    とっても素敵なアレンジメントができました

    お家に持ち帰ったら、大切に飾りたいですね。

     

     

    スプリングローズコンサート

     

     

    《リラクゼーションガーデン》では、茨城キリスト教学園高等学校ハンドベル部による演奏が行われました。

    白いバラ“アイスバーグ”や赤いバラ“ラバグルート”が咲き誇るなか、美しい音色が響き渡ります。

     

     

    『天使の歌声』とも称されるハンドベルの音色。

    透き通るような旋律に、会場内は魅了されておりました

     

     

     

    ところで、常陸ローズガーデンには数多くの品種のバラを楽しめる《ローズレリーフガーデン》というエリアがあります。

     

     

    この《ローズレリーフガーデン》、ちょっと変わった形だと思いませんか?

    実はこのエリアを大観覧車から眺めると・・・

     

     

    大きな一輪のバラが浮かび上がります!

    観覧車に乗りながらの撮影も楽しめそうですね

     

     

    「茨城バラまつり」最終日の明日も、多彩なイベントをご用意しております。

    バラを管理する公園スタッフによる『常陸ローズガーデンガイドツアー』では、午前は大人向けに、午後はお子様向けに、バラの魅力をご案内

    約120品種のバラに会いに、ぜひともお越しくださいね

     

     

     

    「オオキンケイギク除去作戦」完了!

    2019/5/25

    四季折々のお花の楽しめる、ひたち海浜公園には、あまり喜ばしくないお花も??

    侵略的な外来生物「オオキンケイギク」の除去活動を通して、自然の楽しさや環境問題について学ぶ、「みんなで学んで守ろう自然観察隊~オオキンケイギク除去作戦~」を開催しました。

     

    オオキンケイギクは北米原産の多年草で、5月~7月にかけて黄色のコスモスに似た花を咲かせます。

    かつて観賞用・緑化用として日本に持ち込まれましたが、とても強靱で繁殖力が強いため、在来の植物をおびやかしてしまい、平成18年に外来生物法に基づく特定外来生物に指定されました。

    オオキンケイギクの花

     

    これが、オオキンケイギク。

    花が咲いていたり、蕾がついているとわかりやすいです。

     

    こっちにもあったよー。

    茨城生物の会、茨城県生物多様性センター、パークパートナーの皆さんと一緒に、オオキンケイギクを探します。

    オオキンケイギク全部抜く!

    中には、良く似た植物も。

    花が咲いていないと、なかなか見分けが難しい!

    これはどっちかな??

     

    オオキンケイギクは、蕾が一つの茎に一つだったり、葉っぱの先が丸かったりの特徴が。

    蕾がついていない株は、大人でも見分けるのが難しいとのこと。

    植物の違いを観察するのって、とってもおもしろい!!

    バッチリ見分けられるようになったよ!

     

    全て抜き終えて、「思ったより少なかったよ」との感想。

    このイベントは、今年で4年目。

    園内のオオキンケイギクは、ほとんどなくなりました。

    おうちに帰っても、周りにオオキンケイギクを見つけたら、駆除してくださいね。

     

     

    茨城バラまつり開催中!イベント参加でさらに楽しもう!

    2019/5/19

    ゴールデンウィークも終わり、初夏らしい気候になってまいりました。
    園内では、春に素敵な景色を見せてくれたネモフィラから、バラへとバトンタッチ。
    そんなバラが主役となるイベント『茨城バラまつり』を5月13日より開催しております!


    本日は、バラを観察しながら絵を描く「ローズスケッチ」のイベントをご紹介します
    スケッチボードを持ちながら、ゆっくりガーデン内を散策!ステキな花がたくさんあって、どれにしようかな?


    描く場所を決めたら、早速デッサン開始花びらを描くのが難しいようです
    デッサンが終わったら、イベント会場で色鉛筆やクレヨンを使って色をつけます


    マスキングテープやリボンを使って、デコレーションして完成です



    綺麗に仕上がりましたね~
    自分だけのオリジナル作品を作って、プレゼントしてもいいですね

    園内は多くのお客様でにぎわっておりました
    これから更に花数が増え、ますますガーデン内が華やかに

    期間中は、バラのクラフト体験などさまざまなイベントも開催いたします
    ぜひこの機会にご参加ください。

     

     

    Flowering 2019がフィナーレを迎えました

    2019/5/12

    暖かな春の日差しの中、たえず海風が園内を吹き抜けていく本日は、春のフラワーリレー「Flowering 2019」の最終日。

    水のステージを中心に3つのイベントを開催し、園内は多くのお客様で賑わいました。


    ひたちなか・大洗・東海PRの日

    ひたちなか市や大洗町、東海村やいわき市など周辺地域の地元特産品や郷土の味を楽しめる飲食コーナー、観光PRのコーナーなど30以上のブースが立ち並びました。

    水のステージではご当地キャラや親善大使によるPRも行われました。

     

     

    お昼時には、飲食ブースに行列が…!

    ご家族連れのお客様から出演者の方まで、多くのお客様が並んでおりました。

    新鮮な海の幸には思わず舌鼓

     

     

    「いきいき茨城ゆめ国体2019」のブースではレク・クロッケーなどスポーツの体験コーナーも

     

     

     

    HULA fes.2019 ひたちなかフラフェスティバル

    ハワイの伝統的な歌舞音曲「フラ」のエキシビションを開催しました。

    開放的な水のステージで繰り広げられる、華やかで情熱的な踊りに、思わず見とれてしまいますね

     

     

    ひたちなか市役所男性職員による“カネフラ”の披露もありました!

     

     

    さらに水のステージ周辺にはフラショップのブースも多数あり、店先にはフラに使われる衣装や楽器から雑貨まで幅広いアイテムが

    会場内のハワイ気分をいっそう盛り上げます

     

     

    花海廊~水族館がやってきた~

    水のステージから少し歩いたテラスハウスでは、アクアワールド茨城県大洗水族館さんにご協力いただき、海の生き物にまつわるイベントを開催

     

    おや?みんな集まって何を見ているのかな?と近づいてみると…

     

     

     

     

    海の生き物と触れ合うことができる「タッチングプール」のコーナーが

     

     

    その他にも海洋生物のはく製展示やオリジナル缶バッチづくり、海の不思議や生き物に関するクイズコーナーなどイベント盛りだくさんで、会場内は賑わっておりました。

     

    「Flowering 2019」は本日で幕を閉じますが、明日5/13(月)からはいよいよ「茨城バラまつり」がスタート

    約120品種3,400株のバラが揃う“常陸ローズガーデン”や中央芝生広場にて、ガイドツアーやクラフトイベント、フォトレッスンやコンサートなど様々なイベントを開催予定です。

    初夏の公園にぜひ遊びに来てくださいね