とびっきり!夏フェア!

2021夏フェア

とびっきり!夏フェア! 7月22日(木・祝)〜8月29日(日)

夏のコキアは、爽やかなライムグリーン。毎年6月下旬に、みはらしの丘に植えられます。夏の日差しを浴びてスクスク育ち、ふわふわと風に揺れる姿は、まるで生き物のよう。丘のふもとを彩るカラフルなジニアや、元気いっぱいのヒマワリとともに、魅力あふれる夏の花風景が広がります。
また、広い園内では、他の方との距離を十分にとれることも魅力です。芝生広場でのびのび過ごしたり、サイクリングで適度に体を動かしたり、森の中で風にそよぐ木々の音に耳を澄ませたり。思いやりとマナーを大切に、健康的で楽しい時間をお過ごしください。

 

コキア [4K動画]

昨年のみはらしの丘の風景を高画質な4K動画でお楽しみください。

 

コキアの成長記録

みはらしの丘を360度カメラで定点撮影しています。「時間」を移動して、季節の移り変わりとともにスクスクと成長していくコキアの様子を、360度パノラマでお楽しみください。(2020年撮影)

 

夏を彩る草花

コキア

7月中旬〜9月下旬 みはらしの丘 約3万2千本

もふもふとした柔らかな触感の夏のコキア。一面グリーンの景色は、この時期ならではの魅力です。

ジニア

7月下旬〜8月下旬 みはらしの里 約35万本

見ているだけで元気をもらえそうなビタミンカラーの花畑。古民家やみはらしの丘を背景に撮影もおすすめ!

ヒマワリ

8月中旬 みはらしの里 約2万5千本

夏の日射しを浴びて元気いっぱいに咲くヒマワリ。フォトスポットの“みはらし台”やひまわり迷路が登場します。

ヒマワリ

ヒマワリ

8月中旬 泉の広場フラワーガーデン 約3千400本

色や形、大きさも様々なヒマワリを集めました。開園30周年にあわせて30品種をお楽しみいただけます。

アジサイ

6月下旬〜7月上旬 ひなの林

ひなの林では”アナベル”が真っ白な花を咲かせ、梅雨空の下、園路沿いを美しく彩ります。

ラベンダー

6月下旬〜7月上旬 香りの谷

香りの谷では、ラベンダーの他にも様々なハーブ類を植栽。香りに包まれてリラックスのひとときを。

スカシユリ

7月上旬〜下旬 砂丘エリア周辺

砂丘に咲く凛とした姿は、まさに砂浜の女王。鮮やかなオレンジ色の花が美しく咲き誇ります。

タイタンビカス

8月上旬〜下旬 海浜口前、BMXコース周辺

ハイビスカスのような花姿と、「巨神タイタン」からこの名が付きました。どこかリゾート地を思わせる風景です。

サンパチェンス

7月中旬〜10月中旬 グラスハウス

グラスハウスの池上に浮かぶ、まるで海へと続くような花風景。涼しげな景色を室内から楽しめます。

 

夏のイベントいっぱい!

夏休みの宿題応援

葉っぱスタンプでエコバッグをつくろう

7月22日(木・祝)

園内で集めた葉っぱに絵の具を塗り、生地にスタンプして、カラフルな葉っぱ模様のエコバッグをつくります。

くわしくはこちら
たき火で花炭をつくろう

7月25日()

園内で採れた松ぼっくりやどんぐり、葉っぱをいぶして、インテリアや消臭にも使える炭の置物をつくります。

くわしくはこちら

ピカピカ不思議な泥だんご

8月22日()

粘土玉を色付けし、つるつるピカピカに磨きます。陶器の台座付きです。

くわしくはこちら
夏の絵手紙を描こう!

8月28日()

ヒマワリやジニア、みはらしの丘のコキアなど、夏をテーマに思い出に残る絵手紙を描きます。

くわしくはこちら

 

自由研究にびったり!

砂丘の昆虫さがし

6月13日()

砂丘エリアにて、昆虫の見つけ方や自然保護について学びながら、砂に擬態する「ハマスズ」などの昆虫を探して観察します。

くわしくはこちら
森の昆虫さがし

6月19日()

ひたちなか自然の森にて、昆虫の見つけ方や自然保護について学びながら、アカシジミやアオスジアゲハなどの昆虫を探して観察します。

くわしくはこちら
<みんなで学んで守ろう自然観察隊>オオフタバムグラ除去作戦

7月18日()

砂丘部の在来植物を守るため、外来植物の「オオフタバムグラ」を抜き取ります。

くわしくはこちら
風紋をつくろう

7月24日()

風の力によって砂の表面が波のような形になる「風紋」が、どのようにつくられるのかを体験します。

くわしくはこちら

 

 

そのほかイベント盛りだくさん!「イベントカレンダー」をご確認ください。