スタッフブログ

    海浜陶芸教室 「施釉」ってなんて読むの??

    2018/11/10

    今日は、海浜陶芸教室の開催日。

    全12回の講座を通して、お茶碗や湯呑み、花瓶など好きなものを作ることができます。

    笠間焼協同組合所属の陶芸家が、初心者から経験者まで丁寧に指導してくれるのが魅力のこの講座。

    その様子を、ちょっとのぞいてみました!

     

    会場となるのは、砂丘エリアにある陶芸棟。

    グリーン工房の裏にある建物で、最寄のゲートは「海浜口・風のゲート」になります。

     

    今日、皆さんが取り組んでいたのが「施釉(せゆう)」の工程。

    焼くとガラス質に溶ける粉、釉薬(ゆうやく)を水に溶き、吸水性がある素焼生地にかけて吸着させます。

    素焼した作品たち

     

    まず、釉薬をつけたくない器の底などに撥水剤を塗ります。

    筒井先生の説明に真剣に聞き入る

     

    大きな作品は刷毛も使って

     

    いよいよ、釉薬をかけていきます。

    「ワラ白」「ルリ釉」「おりべ」、聞きなれない名前が・・・。

    焼き上がりをイメージしながら色を決めていきます。

    釉薬のかけ方も作品の大きさや形によって様々。

    釉薬にどっぷりつけたり

     

    エアブラシを使うことも

     

    釉薬が乾いたら、必要に応じて筆などで修正。

    この後、本焼すると高温で釉薬が溶け、ガラス質で覆われます。

    焼き上がりが楽しみですね。

     

    個性あふれる作品たち

     

    参加者の話す海浜陶芸教室の楽しみは、創造すること。

    焼き上がりがうまくできるかワクワクするし、一点ものが作れることが何より嬉しいとのこと。

     

    現在、第5期 海浜陶芸教室の参加申し込みを受付中です。

    (平成30年12月6日締切)

     

    気になった方は、<こちらのページ>をチェックしてみてください!

     

     

     

    コキアとコスモス一緒に楽しめます!

    2018/10/27

    本日は、もくもくとした雲の多い曇り空でしたが

    園内では、コスモスが見頃を迎えコキアと共にお楽しみいただけます

     

    台風の影響もあり、中には倒れてしまっているものもありましたが

    淡いピンクや白の花が、とても可愛らしく咲いておりました

     

    コキアは、なんと赤色と茶色のグラデーションに変身

     

    皆さん、とても真剣に撮影さてれおります

     

    ウォークインスペースでは、コキアとコスモスと一緒に記念の一枚をパシャリ

    皆さん「かわいい~!ふわふわだね!」と、とても楽しそうに写真を撮られておりました

     

    赤色一色の時とは違う、グラデーションコキア

    この時期だけの特別な景色を是非お楽しみください

    コキアカーニバル最終日、大盛況でした!

    2018/10/21

    9月15日から開催していた「コキアカーニバル」も、本日で最終日

    お天気にも恵まれ、多くのお客様にご来園いただきました

    園内では、コキアの紅葉だけでなく、様々なお花たちがお客様の目を楽しませてくれました

     

    コスモスだけでも、いろいろな種類がありますよ

    ①みはらしの丘‘センセーション’ミックスと‘秋咲き大輪’:一般的な赤、白、ピンクのコスモスです

    ②大草原北側・西側花畑’キバナコスモス’:まるで柑橘類のようなオレンジ色が鮮やかです

    ③大草原フラワーガーデン’キャンパスオレンジ’’キャンパス イエロー’:淡く優しい色合いが人気です

     

     

    また常陸ローズガーデンでは、バラの花もきれいにご覧いただけます

    コキアに負けないほど真っ赤な’ラバグルート’など、遅咲き品種を中心に楽しめますよ

     

     

    さらに本日は、“秋の祭典”のフィナーレを賑やかに締めくくる、様々なイベントも開催されました

     

    「ひたちなかフェスタ2018」では、ひたちなか地区のPRコーナーや、地元特産品の販売コーナーなど、近隣地域の魅力を見て触れて、味わって体験いただく様々なブースを出展

     

    「郷土芸能まつり」では、茨城県で伝承されている「ヤンサ太鼓」や「筑波山がまの油売り口上」など、多彩な伝統芸能を披露されました

     

    また、水のステージ周辺には、人気のケータリングカーが大集合よりどりみどり、いろんなグルメをお楽しみいただきました

     

     

     

    花に、イベントに、グルメに、見所盛りだくさんの1日でした

    コキアカーニバルは終了いたしますが、明日以降も引き続きコキアなどの植物をお楽しみいただけます

    是非、秋の公園に遊びに来て下さい

     

     

    「常陸の手しごと市」開催中です

    2018/10/14

    茨城県内の“モノづくり”職人による“職人技”の実演や、“手しごと”の作品の展示販売を行う「常陸の手しごと市」を開催中です。

    会場は、西口・翼のゲートから、コキアが『紅葉始め』となった「みはらしの丘」への途中にある「ひなの林」。

    10/6(土)から始まっていて、コキアカーニバル期間中の土日祝で開催しています。

     

     

    開催2週目となる10/13(土)からは、笠間焼きの展示販売も始まりました。

     

    作家さんと直にお話しながら、作品を見ることができます。

     

    茨城県の伝統工芸「笠間焼」。「特徴がないことが特徴」といわれ、江戸以来の伝統を保持しながらも、それに捕らわれない自由な作風が魅力です。

    作家さん毎に作風が違うので

     

    好みの作品に出会えるかも

     

    “モノづくり”だけでなく、美味しい“職人技”も。

    「那珂湊焼きそば」など、美味しい食べ物の実演販売を行っています。

    休憩のおやつにぴったり

     

    低温熟成させた茨城県産の栗を使った「焼き栗」

     

    出来立てが美味しい、頑固親父の焼く「ドラ焼き」

     

    コキアはただいま、グラデーション。

    丘全体が⾚くなるのは、来週半ば(10/16前後)と予想しています。

     

    コキア観賞にあわせ、「常陸の手しごと市」にもぜひ、お立ち寄りください。

     

     

    「常陸ローズガーデン」でバラが咲いています

    2018/10/9

    みなさま、こんにちは
    最近は、夏の暑さも落ち着き秋らしくなってきましたね

    今日は園内の「常陸ローズガーデン」でバラに会ってまいりました

     

     

     

     

     





    秋空のもと、色鮮やかに香り高く咲く秋バラ
    可憐に咲く姿に、うっとりしてしまいました

     

     

     

     

     

     















    本公園では、コキアが色づき始め、紅葉へという時期になって参りましたが
    10月22日より開催の「茨城バラまつり」からも目が離せませんね

    イベント期間中はローズガーデンのガイドツアーや、バラにまつわるクラフト体験を行いますので
    是非、イベントを通してお花の魅力を存分にお楽しみ下さい