ネモフィラ

2020/4/4

みはらしの丘でネモフィ「5分咲き」となっています。

(4月4日撮影) 

ひたち海浜公園では、青空のような色の花を咲かせる品種 ‘インシグニスブルー’ を使用しています。

今年はみはらしの丘の3つ目の頂上まで花畑を拡大し、約530万本のネモフィラを植えています。

ネモフィラとはムラサキ科(旧ハゼリソウ科)ネモフィラ属の秋まき一年草です。

青い花を咲かせ、長く細かい切れ込みのある葉を持つ為、和名ではその草姿を唐草模様になぞらえて「瑠璃唐草(るりからくさ)」と呼ばれます。

英名は「ベイビーブルーアイズ」といい、その愛らしい花姿からとられた事が覗えます。

また、属名の「ネモフィラ」はギリシャ語の「ネモス(小森)」と「フィオレ(愛する)」が合わさった言葉で、森林の周辺に分布していることからきています。

ネモフィラについてもっとくわしく花情報