スタッフブログ

    TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2018が開催されます!

    2018/8/2

    8月がスタートいたしました
    毎日暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか

    さて、本公園の夏のイベントの1つ、高校生のための音楽祭典
    「TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2018」が8/9(木)に開催されます
    ″音楽のまちづくり″を推進するひたちなか市で、高校生たちの熱い闘いが始まります

    会場は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で使用される「LAKE STAGE」
    迫力満点の舞台に、毎年会場は大盛り上がりです


    なんと最優秀バンドは文部科学大臣賞が贈られるとともに、
    副賞として「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」への出場権が授与されます

    今年はどんな演奏を聞くことが出来るのか、今からわくわくしますね

    みんなで一緒に盛り上がって、楽しい会場にしましょう

     

    <8月5日付 お知らせ>

    8月9日(木)に開催を予定しておりました『TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2018』は、台風13号の接近が予想されるため、中止とさせていただきます。

    楽しみにされていた皆様方には大変申し訳ありません。
    何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

     

     

    新たな古民家の上棟式を行いました!

    2018/7/30

    平成30年7月30日の大安吉日、みはらしの里にて、新たに整備している古民家の上棟式を行いました。

    「上棟式」とは、建前(タテマエ)とも呼ばれ、屋根の一番高いところにある棟木が無事に上がったことに感謝するお祝いです。

    最近は、上棟式をやらない家も増えてきましたが、ここは、なつかしい村の風景と活動をみんなで再現する「みはらしの里」。

    今後の工事の安全を祈願して上棟式を行いました。

     

     

    受付を済ませたら、いざ、上棟式の会場へ。

    看板に沿って、みはらしの里トイレ脇の細い通路を通っていくと・・・

    ドキドキ

     

     

    急に視界が広がり、整備中の古民家が!

    上棟式は、誰でも参加できるもの。

    開始の時間がちかづくと、人も増えて賑やかになってきました。

    ドドーン

     

    上棟式が始まると、まずは「みはらしの里」や、この古民家についてのご紹介。

    つづいて、国営常陸海浜公園事務所の事務所長からのご挨拶。

     

    棟梁によるお清めも行いました。

     

    事務所長および来賓の皆様による礼拝の後は、いよいよお待ちかねの餅まきです!

     

     

    近年、見られなくたってきた餅まきの風景。

    お披露目とお祝いとして、お餅やお菓子をまいていきます。

     

    たくさんのお餅やお菓子に、子供も大人も、キャッチするのに大忙し。

    たくさん拾えたかな。

     

    最後は、棟梁の一本締め。

    よ~ パン

     

    この後、古民家は屋根葺きの作業が始まります。

    茅葺屋根をどのように葺いていくのか、楽しみですね。

     

     

    海浜陶芸教室の作品が焼きあがりました!

    2018/7/26

    皆様、こんにちは。


    全12回の講座を通して、お茶碗や湯呑み、花瓶などお好きな作品を作ることができるイベント”海浜陶芸教室”。

    第3期の教室が開講中で、先日、参加者の皆さんの作品が焼きあがりましたので、ご紹介します

    そーっと窯を開けてみると・・・

    ジャジャン焼きあがってますよ

    カップやお皿、ポットなど、いろんな作品がありますね

    色もきれいで、皆さんのこだわりを感じます

     

    教室では、笠間焼協同組合所属の陶芸家が丁寧にお教えするので、初心者も安心です。

    現在、9月15日より開講の「第4期 海浜陶芸教室」の参加者を募集中 詳しくはコチラ

    芸術の秋に陶芸デビューしてみませんか皆様のご参加を心よりお待ちしております。

     

    暑さに負けず、花めぐりはいかが?

    2018/7/22

    外に出たくない!と思ってしまうような猛暑が続いていますが、

    夏休みも始まり、どこかに出かけたいと考えている皆様!

    夏の公園で花めぐりはいかがでしょうか?

     

    この時期はすくすくと成長中の緑コキアがおすすめ!

    今回は、みはらしの丘までのルートをご案内します。

     

    西口・翼のゲートから入園し、水のステージ、テラスハウスの横を通り抜けると・・・

    スイセンガーデン周辺の花壇で“サンフィニティ”という品種のヒマワリが咲いています!

     

    黄色いビタミンカラーの花に元気をもらい道を進むと、「記念の森レストハウス」が。

    少し早いですが、ちょっと休憩をとるのも良いでしょう。

    涼しい店内でいただくアイスコーヒーの味は格別!夏にピッタリのサンデーやフローもおすすめですよ。

     

    記念の森散策路の涼しい木陰でヤマユリを楽しんで、道を進んでいると・・・

     

    みはらしの丘のコキアが見えてきました!

    さぁ、もうひと頑張りして丘まで歩きましょう。

     

    やっと辿り着いた丘一面には約3万2千本のコキアが。見渡す限り広がる景色は圧巻です。

    まだ成長中で30~40cmほどの大きさですが、丸々とした愛らしい姿に癒されます。

    もふもふとした葉は触っても楽しめますよ。

     

    また、丘の麓の畑ではヒマワリやジニアもすくすくと成長中!

    花が咲いたら、また来たいですね。

     

    夏の公園花めぐり、いかがですか?

    こまめに休憩をとって水分補給しながら歩きましょう。

    また、シーサイドトレインやサイクリングなど乗り物でまわるのもおすすめですよ。

    今しか見れない景色を楽しみましょう!

     

     

    風紋をつくってみた!

    2018/7/14

    ひたち海浜公園は砂丘の上にあるって、ご存知でした?

    ひたちなか市から東海村にかけての「東海・阿字ヶ浦砂丘」は、全長およそ10キロ、幅3キロにもなる東日本最大級の砂丘と言われていました。

    現在は、環境も変化して砂の移動が少なくなったので、チガヤやマツなどが入り込み、緑が多くなってきています。

     

    本日のイベント「<風・砂とあそぼう>風紋をつくろう!」では、風によって砂の表面が波のような形になる風紋が、どのように作られるのか体験していただきます。

    「風紋」とは、風によって砂地につくられる模様のこと。

    数年前までは、園内でもグラスハウスの近くでも風紋を見ることができたとのことですが、今回は、風紋を人工的に作り出すため、特別な装置を用意しました。

    それがこちら

    ジャジャン

     

    そして、風紋づくりになくてはならない風は、ブロアーで作り出します!

    ブォー

     

    参加者の皆さんもブロアーをもって風紋づくりに挑戦!

     

    そして、出来上がった風紋がこちらです!!

    <ビフォー>


    <アフター>

     

    え?

    よくわからないって

     

    近づいてみると、縞模様になっているのがわかります。

     

    さらに近づいてみると、大きな砂粒と、小さな砂粒のグループからできていることがわかります。

    大きさによって、風を受けたときの動き方が違うので、こんな模様になるのだそうです。

     

    粒は全て1mm以下なのに、わずかな違いで模様になるなんて、面白いですね

     

     

     

     

 

1 / 3112345...102030...最後 »