ネモフィラ

ネモフィラと空と海とが織り成す青のハーモニー

  • ネモフィラ

ムラサキ科(旧ハゼリソウ科)ネモフィラ属

北アメリカ原産の一年草で、和名を瑠璃唐草(るりからくさ)といいます。
みはらしの丘一面が青く染まり、空と海の青と溶け合う風景は、まさに絶景です。

鑑賞時期
4月下旬〜5月上旬
場所
みはらしの丘

ネモフィラに関するQ&A

種を播いているのですか? 苗を植えているのですか?

当公園では毎年11月頃に20cm間隔で種播きを行っております。ご家庭でネモフィラを栽培される場合は、秋ごろ庭やプランターに種播きするか、春先に苗を購入されることをお勧めいたします。秋に種を播かれる方は、苗が冬季の強い低温や霜にさらされない様、十分ご注意ください。

肥料や水やりはどの様に行っていますか?

当公園では種を播く前に堆肥(たいひ)を土に混ぜ込んでおりますが、元肥(もとごえ)は使用しておりません。また、ネモフィラは乾燥した環境を好み、栄養分の要求量も高くありませんので、種播き後に水や肥料を与える事は基本的にいたしません。なお、生育の思わしくない個所については行う場合もございます。

公園と同じ品種のネモフィラを購入できますか?

当公園で使用しているネモフィラは、「インシグニスブルー」という流通量の多い品種ですので、園芸店やホームセンターなどでお求めいただくことができます。なお、テラスハウス前及びたまごの森に植えられている白色の「インシグニスホワイト」は、一般小売り向けには流通しておりませんので、ご購入いただく事はできません。

ネモフィラ管理スケジュール・鑑賞時期

※鑑賞時期についてはその年の気象条件によって変動いたします。

生息エリアマップ