ナノハナ

2021/4/18

みはらしの里でノハナ「見頃(後半)」となっています
(4月18日撮影)

ひたち海浜公園では ‘MN-16’ という品種を植えています。

ナノハナとはアブラナ科の一年草で、ヨーロッパ原産とされています。

ナノハナ(菜の花)は「野菜の花」という意味からつけられ、ほろ苦さと独特の甘みがあり、食用としてサラダや和え物などに広く用いられます。

アブラナ科の植物は4枚の花びらが十字架の様に見えることから、かつては十字架科とも呼ばれていました。

ナノハナを見学のお客様は『西口・翼のゲート』が便利です◆

ナノハナについてもっとくわしく花情報