きて みて さわって コキアカーニバル

このイベントは終了しました。
コキアは11月9日(火)の休園日に抜き取り作業を予定しております。

きて みて さわって コキアカーニバル

コキアカーニバルロゴ

2022年10月1日(土)〜30日(日) 期間中毎日開園

入園料無料日 10月1日(土)、8日(土)

※駐車料金等が別途必要になります。

日々移ろいゆく秋の色をお楽しみください。

コキア 場所/みはらしの丘 本数/約3万3,000本

緑、グラデーション、赤、そして黄金へと変化していく秋のコキア。季節の移ろいと共にコキアの色の変化を追いかけながら、お気に入りの色を探してみませんか?
みはらしの丘のふもとでは白く可憐なソバの花や、赤・白・ピンクの美しいコスモスが咲き、コキアと共に色彩豊かな風景をつくり出します。その他にも⻩⾊やオレンジがまばゆいキバナコスモスや、白銀色のパンパスグラス、鮮やかなバラなどが秋の園内を彩ります。⽇々移ろいゆく秋の風景を、ぜひお楽しみください。

 

「赤」だけじゃない、色んなカラーのコキアたち

コキアは1年草で、成長とともに大きさや色を変えていきます。若々しい緑のコキアはまんまるなマリモのようで、茶色く枯れたコキアはツンツンしてハリネズミを思わせます。まるで生き物のようです。色はもちろん、同じように見えても一つひとつ個性のある形や大きさもコキアの魅力です。 また、コキアは時間帯によっても表情を変え、朝はさわやかな印象に、夕方は西日でいっそう鮮やかになります。紅葉の真っ赤なコキアだけでなく、成長していくコキアの色の移ろいをお楽しみください。

※コキアの色づき時期は気象条件によって前後する場合があります。

緑コキア緑コキアの時期
緑コキアイメージ

夏から初秋にかけてのコキアは、明るめの鮮やかなグリーン。今年は6月中旬より、赤ちゃんコキアの植え付けがスタート。15cmほどの小さなコキアの苗は、夏の日差しを浴びてスクスクと育ちます。60cm〜70cmほど成長にする頃には、秋の気配。鮮やかなグリーンが、徐々に黄色味を帯びていきます。

赤ちゃんコキア植え付け
緑コキアイメージ

 

 

グラデーションコキアグラデコキアの時期
グラデーションイメージ

およそ70cmほどでコキアの成長は止まります。まるでモコモコした生き物のようなかわいらしさ。ここからは色が赤く変わっていくさまをお楽しみください。コキアは突然真っ赤になるのではなく、頭の方から、少しずつ赤くなっていきます。すべて真っ赤になるまでの期間は、赤と緑の色鮮やかなグラデーション。日に日に赤みが増していくコキアの様子を観察できる貴重な期間です。色も形も摩訶不思議なコキアが一面に広がるみはらしの丘は必見ですよ!

グラデーションイメージ
グラデーションイメージ

 

 

赤コキア2017赤コキアの時期
赤コキア

秋の深まりとともに、いよいよコキアたちも真っ赤に染まります。ポッと頬を染めるように紅葉する様子は、まさに恋をしているかのよう。1日の中でも、印象が大きく変わるのがコキアの魅力。澄んだ秋空に輝くような朝の風景から、夕日を浴びて燃えるような赤色に染まる夕方の眺めまで、時間帯によって様々な表情を見せてくれます。

赤コキア
赤コキア

 

 

黄金コキア10月下旬
黄金コキアイメージ

10月下旬に差し掛かると、コキアたちは次第に色が抜け、まさに“ほうき色”といった趣に。色が抜けきるまでの期間は、赤と茶色のシックな晩秋のグラデーション。ふもとに咲き誇る283万本のコスモスとの色彩のハーモニーもお楽しみいただけます。ユニークな形と鮮やかに変わりゆく色彩の変化で私たちを楽しませてくれたコキアたち。やさしい秋の日差しを浴びて、まるで黄金色に輝くその姿は、秋の深まりを告げてくれているかのようです。

黄金コキアイメージ
黄金コキアイメージ

 

コキアの成長記録

みはらしの丘を360度カメラで定点撮影しています。「時間」を移動して、時間の経過とともに移ろいゆくコキアの色合いを、360度パノラマでお楽しみください。(2020年撮影)

コキアと一緒に楽しもう!秋の植物

パンパスグラス

パンパスグラス

8月下旬~10月上旬
ぴょんぴょんサークル、大草原北側
全体で約500株

南米(ブラジル・チリ・アルゼンチン)原産。高さは2mにも達し、大きなものは4mにもなります。羽毛のようにやわらかい花穂をつけます。名前の由来は、英名で南米の大草原(パンパス)に生えている草(グラス)という意味です。本公園では白銀色のほか、桃色や赤黒色の穂を付けるパンパスグラスもご覧いただけます。

レモンブライト

キバナコスモス

9月下旬〜10月上旬
BMXコース周辺花畑・大草原西側花畑・大草原北側花畑・大草原フラワーガーデン

コスモスの一種ですが、花色は橙色や黄色など色彩がやや異なり、草丈は低めです。暑さに強く、コスモスより早い時期から花が咲きます。大草原フラワーガーデンのコレクションエリアでもお楽しみいただけます。

コスモス(みはらしの丘)

コスモス

10月上旬~下旬 ※花畑によって開花時期が異なります。
約313万本
みはらしの丘(約283万本)・大草原フラワーガーデン(約30万本)

メキシコ原産ですが、日本の気候によく合って大変育てやすく、日本の秋の風物詩となっている花の1つです。品種改良により、さまざまな色や形をした品種があります。本公園のみはらしの丘の秋をコキアとともに彩るほか、大草原フラワーガーデンではさまざまな品種のコスモスをお楽しみいただけます。

ソバ

10月上旬〜中旬
みはらしの里
約75万5千本

花径6mmほどの、白く小さな花を多数つけます。花弁のように見えるのは萼片で5枚ほど。当公園では茨城県の奨励品種になっている、ブランド品種「常陸秋そば」を中心に植栽。可憐なソバの花が古民家前の畑を彩り、ホッと心が和むような昔懐かしい風景をお楽しみいただけます。

コキアのおすすめ撮影スポットをご紹介

ラブフラワープロジェクト

人々の心を癒してくれる草花。草花を大切にする想いを、一人でも多くの人と共有したい。
花と笑顔あふれる公園を、お客様とともにつくっていきたい。それが私たちの願いです。

畑の中を歩ける「ウォークインスペース」を、ふもとの一角につくっています。コキアの間を歩きながら、そっと触れて魅力を体感してみてください。

期間中のおもなイベント

吹奏楽カーニバル

10月16日()
10:15~15:25

茨城県吹奏楽連盟から推薦された、中学校・高等学校の吹奏楽部(全4団体)が、マーチングバンドの迫力ある演奏を披露します。

くわしくはこちら

ひたちなか秋のPRの日
ひたちなかPRの日 in Autumn

10月23日()
9:30~16:00

「ひたちなか市」の美味しいグルメと郷土芸能を「食べて・見て」地域の魅力を体感できます。

くわしくはこちら

コキアガイド
コキアガイド

10月15日()
①10:30~ ②13:30~

コキアの植え付けから、育て方、絶景を生み出すための管理上の工夫などを紹介するガイドツアーです。

くわしくはこちら

沢田湧水地ガイドツアー
沢田湧水ガイドツアー

9月3日()〜11月6日()(期間中の土日祝開催)
①10:30~ ②13:30~

普段は入ることのできない、自然保護区での特別な観察会。

くわしくはこちら

ボランティアまつり
ボランティアまつり

10月1日()
10:00~15:00

パークパートナーは当公園をフィールドに自然・文化などの分野で活動するボランティアです。日頃のパートナー活動の成果を発表する場であり、和やかな雰囲気の中、各種体験プログラムをお楽しみください。

くわしくはこちら

チャレンジ・ザ・ガーデニング
<いばらき都市緑化フェスティバル>チャレンジ・ザ・ガーデニング

10月9日()
①10:00~12:00 ②13:00~15:00

花・緑・SDGsをもっと身近に感じよう!プロの造園家と一緒に、みんなで素敵な花壇をつくります。

くわしくはこちら

ランニングバイク教室
ランニングバイク教室

10月10日()
①10:00~ ②11:30~ ③13:00~

10/10はスポーツの日!大人から子どもまで、スポーツの秋を満喫しよう!安全なランニングバイクの乗り方や基礎レッスン、BMXコースの特別走行会です。

くわしくはこちら

ツリークライミング
ツリークライミング

10月10日()
①10:00~11:30 ②12:30~14:00 ③14:30~16:00

10/10はスポーツの日!大人から子どもまで、スポーツの秋を満喫しよう!専用ロープを使った、安全な木登り体験会です。

くわしくはこちら

そのほかのイベント盛りだくさん!「イベントカレンダー」をご確認ください

 

soyokaze2022autumn

そよかぜ通信2022年秋号

四季折々の見どころ・遊びどころやさまざまなイベント情報をご紹介する「そよかぜ通信」を季節ごとに発行し、公園内や県内各地の施設などで配布しております。

そよかぜ通信はこちら

 

きて みて さわって コキアカーニバル
秋のおすすめコキアツアー
混雑予想カレンダー2022秋
園内をめぐろう!秋の草花さんぽ