古民家・里の家

旧土肥家住宅は、江戸時代前期と中期に稲敷市下太田の利根川に沿った新田開発に合わせて建てられた東日本では最も古い民家のひとつです。1981年から1982年にかけて解体され、保管されていた部材を用いて2010年に当公園に移築復元したものです。
里の家は、水戸市小泉町(旧常澄村)に建っていた民家の部材を一部移築して再現を行い、2008年にオープンしました。

エリア
みはらしエリア
目的
自然観察・体験学習
設備
駐輪所
P3
最寄りの入り口
西口・翼のゲート
停留所
8番:みはらしの丘

エリアマップ