みはらしの里パートナー

なつかしい風景が広がるみはらしの里

「なつかしい村の風景と活動」を整備テーマとする「みはらしの里」において、古民家の案内や火焚きなどの管理運営を担うとともに、農事、生活、食等、地域の風土、文化を育み、継承し、来園されたお客様とともになつかしさのある活動を楽しむことを目的としています。(H22.10発足)

みはらしの里パートナー

みはらしの里パートナー
活動日毎日(開園日)
活動場所古民家、里の家、古民家周辺の庭・畑
活動内容

●古民家のガイド
●暖炉裏やかまどの火焚き
●昔あそび道具づくり
●古民家と庭や畑の手入れ

会員数50名
発足平成22年10月

最近の活動より

みはらしの里パートナーは、毎日古民家の手入れを行い、古民家のガイドやみはらしの里の年中行事に関わる活動を行っています。
今年の夏は、古民家で1日を過ごす親子体験イベントを初めて開催しましたのでご紹介します。
夏休み最後の日曜日。8組の家族が、電気もガスもない古民家で、みはらしの里パートナーと一緒に囲炉裏やかまどの火入れやご飯炊き、掃除、野菜の収穫など様々な体験をしました。

薪割りに挑戦!

カマドでご飯炊き

井戸水で野菜洗い

お膳を並べてお昼ご飯