東日本大震災復興支援

2011年3月11日に発生した東日本大震災により、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復興と、皆様のご健康を心からお祈り申し上げます。

このページでは、当公園の震災から開園までの道のりと、復興支援活動についてご紹介いたします。

公園内の被災状況

路面の段差・亀裂や施設の破損、停電、断水など園内各所で被害が発生しました。

2011年3月12日~4月8日まで全園休園、4月9日~4月18日は一部開園(入園料・駐車料無料)しました。

市民への給水所の設置

震災にともなう水道供給の停止を受け、市民の皆様に生活用水(井戸水)をご提供しました。 同時にスイセンの切り花もプレゼントしました。
提供期間:3月17日~27日
1000名以上(自動車約600台)のご利用がありました。

近隣の学校へ卒業式・卒園式のスイセン切り花の提供

震災の影響で卒業式を飾る花が入手できない、市内の小学校・幼稚園・保育園にスイセンの切り花をご提供しました。休園中の3月下旬、公園スタッフで花摘み・運搬を行いました。また、水の不足している学校には生活用水の提供も行いました。

提供先:小学校 15、幼稚園 9、保育園 1

無料開園

震災以降の様々な苦労に疲れた皆様の心が、一時でも当園の花々で癒していただきたいということから、復旧を終えた西口エリア周辺を開園。震災からの復興を祈念し、4月9日(土)から18日(月)まで、入園料・駐車料を無料といたしました。

プレスリリース

復興支援コンサート開催

2011年4月30日(土)
東日本大震災からの復興を祈念してネモフィラハーモニーオープニングセレモニーを開催。地元のアーティストの池田遼さん、倉田すみれさん、韓国アーティスト〝Sindy〟(シンディ)さんの参加による「震災復興支援ミニコンサート」を実施いたしました。

被災者招待ツアー実施

5月10日(火)、県内避難所に避難されている方々の内、ご希望された方々を、バスによる送迎つきで無料でご招待いたしました。(案内ガイド、シーサイドトレインチケット、食事、プレゼントのご提供)

<協力企業・団体>
(社)茨城県バス協会、(株)大森食品、(株)常陸サンライズパーク、(株)JTBコミュニケーションズ、ひたち公園管理センター

プレスリリース

ムスカリの球根掘り取りのイベント

茨城県社会福祉協議会/ボランティアバスへの提供 観光会社の担当者へ

記念の森パートナーズの安部井さんより(ムスカリ 1150球)

観光会社のボランティアバスの宮城県で植栽写真(宮城県東松島市野蒜駅付近)

宮城県石巻市住吉幼稚園への球根の提供(スイセン200球 ムスカリ200球)

募金活動

被災者支援のために公園内に義援金募金箱を設置いたしました。
4月9日~5月8日(全30日間) 募金額 851,203円

お預かりした募金は、NHK・日本赤十字・中央共同募金会・NHK厚生文化事業団を通じて、被災地域および被災者の方々の支援活動に利用させていただきます。

その他の復興支援イベント

<2011年>

◆4/23(土)・24(日) 「公園でカフェ」参加者625名 (無料コンサート・コーヒー無料提供)
◆6/12(日)     「~Let’s enjoy!エコライフ~」参加者118名 ()
◆7/3(日)・10(日)・17(日)    「ムスカリの球根を掘ろう」参加者30組 ()
◆7/3(日)      「ラベンダーを楽しもう」参加者121名 ()
           「海浜陶芸塾生 笠間焼コースター販売」参加者25名(
           「竹で遊ぼう」参加者92名(
◆7/18(月祝)     復興支援コンサート「森の音楽会」 (観覧無料)

  ・・・これらのイベントでは、参加費を義援金としてお預かりいたしました。

◆9/17(土)~10/23(日) 震災復興祈念“メッセージガーデン”  →プレスリリースはコチラ
s-メッセージガーデン

 

 

 

 

 

 

◆11/3(木祝)~11/6(日) みはらしの丘コキアに掲げる震災復興のメッセージ  →プレスリリースはコチラ
s-みはらしの丘コキアメッセージ