インフォメーション

開園エリアが広がりました!!

2012/5/20

サイクリングコース延伸 & 新散策路オープン!! 開園エリアは191.9haに。

新たにオープンした園路

国営ひたち海浜公園では、5月20日(日)に開園エリアが拡大し、サイクリングコースが延伸するとともに、樹林エリアに新散策路がオープンしました。

新たに開園するエリアは樹林エリアとみはらしエリアにまたがり、約31.5haの広さとなります。これで当公園の開園エリアは191.9haとなり、東京ドーム約41個分の開園面積をもつこととなります。

エリア拡大にともない、「はまかぜサークル」と「みはらしの里サークル」間を結ぶサイクリングコースが整備されました。これによってサイクリングコース全体を周回することができるようになり、サイクリングの楽しさが更に広がります。また、新散策路では、鳥の声を聴きながら木々の間を散策することができ、自然を満喫していただけます。新緑の季節を迎え、緑あふれるエリアに新しい魅力が加わりました。

 

新規開園エリアのご紹介

みはらしエリアと樹林エリアに、広く舗装された園路とサイクリングコース、木立の中を自然に触れながら歩く散策路がオープンしました。それぞれのコースが持つ当公園の新しい魅力をお楽しみいただけます。

◆総面積:350ha ◆開園面積:191.9ha (5月19日以前160.4h)

このエリア31.5haが新たにオープン!

新園路

今までは入ることができなかった「みはらしの丘」の東側と、緑深い樹林エリアを通り、西口エリアまで通じる舗装された広い園路が完成。園路の近くではキジやウサギが現れることもあり、他のエリアの園路とは違った景色が楽しめます。

散策園路

やわらかな砂地の散策路を、木々に包まれて歩きます。鳥のさえずりを聞きながらのウォーキングは心を癒します。春にはヤマザクラ、ヤマツツジが咲き、秋にはウルシの紅葉がお楽しみいただけます。

サイクリングコース

「はまかぜ橋」から「みはらしの丘」の北側を通って古民家のある「みはらしの里」まで自転車で移動することができるようになり、みはらしエリアの楽しみ方がまた一つ増えました。

関連書類

プレスリリースはこちら(PDF形式)