今楽しめる花情報

パンパスグラス

2017/9/18

園内各所でパンパスグラスをご覧いただけます。

*ぴょんぴょんサークル*

(9月18日撮影)

サイクリングコース「ぴょんぴょんサークル」のパンパスグラスが「見頃となっています。

白色のパンパスグラスをサイクリングをしながらご覧いただけます。

*大草原北東側*

(9月18日撮影)

大草原エリアのパンパスグラスが「見頃(後半)」となっています。

こちらでは桃色のパンパスグラスをご覧いただけます。

*はまかぜサークル*

(9月18日撮影)

サイクリングコース「はまかぜサークル」のパンパスグラスが「見頃」となっています。

赤黒色のパンパスグラスをサイクリングをしながらご覧いただけます

 

広々とした大草原の中に大きなススキのオバケのようなパンパスグラス…

美しい花穂が風に揺れる景色をお楽しみいただけます。

パンパスグラスはイネ科コルタデリア属の多年草です。

原産地は南米(ブラジル・アルゼンチン)で、別名シロガネヨシといいます。

晩夏に銀白色の羽毛状の花穂をつけ、秋の訪れを告げます。

大人の背をはるかに超える大きさです。

名前の由来は英名で、南米の大草原(パンパス)に生える草(グラス)という意味です。

パンパスグラスを見学のお客様は『中央ゲート』が便利です。◆

パンパスグラスについてもっとくわしく植物図鑑