今楽しめる花情報

スイセン

2017/4/26

スイセンガーデン・スイセン見本園スイセンは遅咲き品種を中心にご覧いただけます。

(4月26日撮影)

今年のスイセンは、スイセンガーデン・スイセン品種見本園を合わせ

全体で550品種約100万本をお楽しみいただけます。  

〝リングトーン〟

(4月26日撮影)

〝ホワイトライオン

(4月26日撮影)

スイセンとは、ヒガンバナ科の多年草で秋植えの球根植物です。

地中海沿岸からアフリカ北部が原産で、園芸品種として色や形の異なる多くの種類があります。

お花の形状などから英国王立協会により13の系統に分類されており、この分類が世界的な基準となっています。

またスイセンは全草が有毒ですが、特に鱗茎(りんけい)に毒成分が多いとの事です。

スイセンの花言葉は「ナルシスト」「自己愛」です。ギリシャ神話にはこのようなお話があります。

美少年ナルシスはあまりに自分が美しすぎて自惚れてしまい、その高慢な態度に怒った復讐の女神ネメシスに呪いをかけられてしまいます。その呪いとは……

水面に映る自分の姿に恋焦がれてしまう

……というもの。

ナルシスは水面に映った自分自身に恋をして、その場を離れることができなくなり衰弱し、死んでしまいました。

そして、その体は水辺でうつむきがちに咲くスイセンの姿となってしましました。

「ナルシスト」という言葉は古代ギリシャの神話の美少年ナルシスの物語が語源と言われています。

(4月26日撮影)

スイセンを見学のお客様は『西口・翼のゲート』が便利です。◆

スイセンについてもっとくわしく植物図鑑