ディスクゴルフ

ディスクゴルフは、フライングディスクを投げてバスケット状のゴールに何投で入れることができるかを競うスポーツです。
大草原とその周辺の林間に全27ホールのコースが整備されています。(11~2月は27ホール、3~10月は18ホール)
コースの使用及びディスクの貸出しは無料となっており、ディスク、スコアカード、 記入用の鉛筆は各ゲートで貸出しています。

レッツ プレイ ディスクゴルフ

入園は、コースが整備されている大草原エリアに1番近い“中央ゲート”がおすすめ!車の場合は、南駐車場に停めましょう。

入園口のゲートスタッフに声をかけ、ディスクの貸出カードを記入。ルールなどが書いてあるスコアカードをお渡ししています。

ディスクとスコアカードを受け取り、コースに向かいます。観覧車近くのぴょんぴょん橋を渡ったら、コースはすぐそこですよ。

1番ホールに到着したら、いざチャレンジ!ゴールに何投で入るか挑戦してみましょう。上手に投げるのは意外と難しいです。

コースマップ

ルール

  1. ディスクゴルフは、ボールのかわりにディスクを投げ、専用のゴールに何段で入れられるかをトータルスコアで競うスポーツです。
  2. 主なルールは、ほとんどボール・ゴルフと同じです。
  3. 1投目はティー・ラインの後ろから投げ、2投目以降はディスクが止まった地点にマーカーミニ・ディスクでマークをし、そこから投げます。
  4. 通常4人ずつ1組でラウンドしますが、ディスクを投げる順番は
    • 1番ホールのティー・ショットはじゃんけんで、2投目以降は投数に関係なくゴールから遠い人から先に投げます。
    • 2番ホール以降のティー・ショットは前のホールでスコアの良かった人から順に投げます。もし同スコアの場合はさらに前のホールにさかのぼって比較し、スコアのよい人から投げます。
  5. ディスクは転がしてもバウンドさせてもかまいません。また何枚かのディスクを用意し、状況に応じて1投ごとにディスクを使い分けることもできます。
  6. OB区域内(道路上や立入禁止区域など)にディスクが止まった場合はOB。1ペナルティーが課せられ、OB区域に入った地点から次のスローをします。
  7. 木や建物などの上にディスクが止まった場合、地面から2m以上ならOBで1ペナルティー。2m未満ならディスクの真下にマークをし、そこから通常のプレーを続けます。

お願い

  • 人がいないのを確かめてからプレーしてください。
  • コースの逆行は絶対にしないでください。
  • 決められたコースを必ず守ってください。
  • 万一投げたディスクが誰かに当たりそうになったら大声で注意をうながしてください。

ルール、大会、講習会等ディスクゴルフの詳細は、日本ディスクゴルフ協会(0422-55-7877)まで。